INHERIT THE STARS
『SAW2』が観たいのに、いついっても貸し出し中だよコンチクショウ!
うーむ、次は少し遠出してみるか……。
その前に前作の『SAW』をもっかい見るかな……。

さて、今日の本題は、最近読んだ本のお話デス。
f0103010_22265886.jpg

今宵は、『星を継ぐもの』をば。





『星を継ぐもの』は、30年近く前の海外SF。
著者はジェイムズ・P・ホーガン、彼はこの『星を継ぐもの』で一躍ハードSFの巨星となったとか。
あちこちで紹介され絶賛されてたので、そのうち読みたいなーと思いつつ放置してた本のひとつ。
(そんなの数え始めたらキリがないけども)
ストーリー解説は面倒なので、本の裏表紙にある文を引用しよう。


月面で発見された真紅の宇宙服をまとった死体。だが綿密な調査の結果、驚くべき事実が判明する。死体はどの月面基地の所属でもなければ、ましてやこの世界の住人でもなかった。彼は五万年前に死亡していたのだ! 一方、木製の衛星ガニメデで、地球の物ではない宇宙船の残骸が発見されるが……。


物語は、この『月面で発見された死体』を、世界レベルで集められた各分野の科学者が調査していく話になります。
『現生人類とほぼ同じ特徴を持った、宇宙服を着た5万年前の死体』。
5万年前にそんな文明が地球に存在しなかったのは周知の事実、『彼』はいったい何者でどこから来たのか?
この謎が少しずつ解明されていく話なのですが、少しずつ新たな情報を得て解明を挑むも、進めば進むほどに新たな謎が出てくるのです。
SFでありながら、この『謎』を追う構成は、ミステリっぽくもありますね。

調査過程も専門的で、読んでて理解できずとも『雰囲気』でバリバリ飲まれちゃう感じ。
派手な戦いも事件も無いけども、この『人類が直面した最大の謎』を科学者達が少しずつ解明していく様子がとてもスリリングで飽きません。
科学者の中にも『彼』が地球出身だと主張する派閥もあれば、別の惑星の住人だったと主張する派閥もあったりと、論戦を繰り広げていきます。
そして、終盤で語られる、全ての矛盾をクリアする『真相』とは……。

驚愕の真相であり、感動的なラスト。
30年も経った今でも、全く色褪せることの無いその魅力は、各所での絶賛にも納得です。
爽やかな読後感にも、脱帽。
さすがは名作と讃えられる小説でした。
地球レベルのこの『謎』の真相を知ってみたくなった人は、是非ご一読をば。

……ああ、『真相』は、タイムワープとかそんなチャチな話じゃないので、ご安心を(笑)
なるほど、と唸らされます。お見事。
[PR]
by tenrensenka | 2006-04-08 23:12 | 本。

<< イッペン、死ンデミル?      キャラネーミングと山手線。 >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31