帰還、そして感想文。
帰還しました。更新再開といきます。
基本的には、二日に1回の更新ぐらいのペースでやっていこうかと思ってますんで、ボチボチお付き合いくださいませ。

んでわ、今日は、ここ数日で読んだ本をダイジェストに。
つってもマンガとラノベだけだがねーヽ(´ー`)ノ





・ローゼンメイデン4~6巻

勢いで集めました、ローゼンメイデン。
なんか最近ではベストヒットだったのですよ、個人的に。
主に水銀燈とか水銀燈とか水銀燈とか。

4巻、蒼星石がキーとなる巻。
なのだけど、印象深いのは、
水銀燈の横からぶん取り。
と、

真紅パンチ。

あのパンチはインパクトつえぇ……w

5巻、メグ登場による水銀燈の掘り下げが開始。
無論、水銀燈ファンとしては大喜び。
水銀燈の魅力はやっぱ、アンチヒーローな部分が大きいんだろうなぁ。
自分の贔屓目もあって、裏の主人公って印象。
そんな5巻の見所はやはり、ジュンのトラウマが明かされる場面か。
「無責任・無神経な善意は、時に悪意・害意ともなりうる」
自分がジュンを追い込みその才能を潰しかけていることに、あの担任は無自覚なのだろうか。
最も厄介であり、最も罪深きタイプかもしれない。
アニメ版で用意された「トラウマの理由」よりも深い設定で、切々と訴えるものがあって痛い。
主人公の根幹となるエピソードゆえに、読み応えがあってグッド。
いろいろ考えさせられる。

6巻、ついに姿を現した第7ドール『雪華綺晶』。
つってもチラチラと現れる程度でセリフも僅か、結局6巻では名前も明かされてないけども。
てーかアナタはホラーキャラですか。鏡から見てるトコとか。
しかし、彼女の出現によって「舞台は整い始めた」感じか。
水銀燈とメグの交流などの穏やかさが、逆にこれから始まる激動を予感させる。
アリスゲームが本格化していくのかなあ、この先。
ああ、あと、4巻からチラホラ出てたカナがようやく家の中に入って真紅たちと会う。
おめでとう、カナ(笑)

あと、ネタバレ込みの微妙な考察など。以下反転。

5巻で出てきた人形劇の記憶。
あれが人形師『ローゼン』の話なのだとすると、ひっかかったのが『サンジェルマン伯爵』と『カリオストロ伯』の名前。
二人とも、有名な錬金術師だったはず。
てことは、ローザミスティカ=賢者の石?
もしくは、ローザミスティカは賢者の石に届かなかった物か?
賢者の石は一般に知られている「卑金属を貴金属に変える」ってだけでなく、不死や生命の創造、神との一体化(or神への昇華)を目指して(その効果があるとして)作ろうとされたもの……だったはず。
うろ覚えだけど。
何にせよ、ローゼンメイデンシリーズが動いているのは錬金術の力っぽい、か。
まあ、こんなの、wiki見ればさっくり書かれてた内容だけど(プギャー
しっかし、最近人気ですね、錬金術。



・ブギーポップ・スタッカート ジンクスショップへようこそ

読んでなかったところ、古本屋でみつけたので買ってきてみた。
なんとなく、昔ほどの勢いやパワーが感じられなくて残念。
単純に自分の感性が変わったからではなく、作品として質が落ちてるような。
ブギーシリーズは、登場人物たちのいろいろな『想い』が魅力のシリーズだったと思う。
この『ジンクスショップ』では、主人公も悪役も『強い想い』というものを持っていないのが大きなマイナスに思える。
ブギーに始末される人も、能力的には脅威になりうるのも分かるけど、『世界の敵』指定を受けるほどでもなかったような。
『ジンクスショップ』というアイディアは面白くてブギーらしいけれど、それを主軸として絡む4人の能力者が魅力に欠けるのはどうにも。
老執事はちょっといい味出してたのになぁ。
どうにも、淡い青春的側面が無いと、ただの劣化ジョジョになってしまっているような。
各能力も、なんかネタギレ感がして、どれもイマイチ面白く無かったです。
ハートレスレッド以後はパワーダウンを感じていたけど、巻き返しはあるのかなあ。
一応、次の『ロストメビウス』も買ってあるので、そのうち読もう。


・イリヤの空、UFOの夏

今回の大当たり。
発刊されたのは数年前で既に4巻で完結している作ながら、評判がいいと聴きながらも読んでなかったので着手。
いやはや、面白かった。
オーソドックスな、謎の少女との出会い→翌日転校してくるって始まりのボーイミーツガールながら、作家の筆力でぐいぐい読める感じ。
やっぱベースとしての文章力がある作家は、突飛な設定やキャラがなくとも、面白い作品を作れるんだなーと再認識。
そういう点では、『GOSICK』の桜庭さんも同じ系列ですね。

はっきりとは明言されていないものの、おそらく太平洋戦争を基点として現実世界とは少し「ズレた」世界を舞台に、少年少女の物語が展開される。
まだ1巻ということでラブコメってるけど、時折シビアな背景が見え隠れするので、続きが気になると同時に少し切ない予感も。
そういうシリアスさもラブコメ部分も、両方浮かずにまとめてあってグッド。
特にシリアスシーンになった時の、畳み掛けるような緊迫感はなかなかのもの。
こういう部分で、作家の力の差が感じられますね。
ラブコメしてる部分もこれまた面白い。
入部届けのくだりと、3話の初デート(?)を、当人たちの視点ではなくてそれを後ろから監視・観察してる二組の視点で描写してる辺りがツボ。
いやはや、こっぱずかしくてありきたりになりそうな凡庸な場面も、視点を変えると全然違って見えて面白いw

連作短編の形式で、なおかつ1巻が話の途中で続くになってるもんだから、すっげー続きが気になる。
GOSICKに引き続き、続刊も買ってくることに決定。
4巻で完結してるみたいだし、こっち優先するかな。先が気になる度はこっちのが上だし。
てかGOSICKといいイリヤといい、自分が相変わらずボーイミーツガール好きなのだなと再認識。
やっぱ少年は少女のために一肌脱がんといかんよ(笑)



さて、今回はこの辺で。
デスノ11巻も読んだけど、疲れたので割愛w
[PR]
by tenrensenka | 2006-05-06 15:21 | 本。

<< イリヤとヤフオクと涙。      いあ! いあ! >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31