strange eons.
日曜日の話になりますが、久々に行ってきました、図書館。
まあ、そのうち読もうと思って読むのを忘れていた本を返しにいったわけですがw
今度気の向いたときにまた借りよう。

んで、小説を読みたい気分だったので、何か有名SFでも借りてこようかのーと物色。
30分ほど本を探したりした後、3冊借りてきました。

・アーカム計画
・タイタス・クロウの事件簿
・地を穿つ魔


全部クトゥルフかよ。


SFはどこにいった、SFは。
そんな感じに、今日は日々日記(笑)





いやね、書棚を探したら、タイタス・クロウの事件簿と地を穿つ魔が並んでたのですよ。
タイタス・サーガがちょうど借りれるかーと思ったのですよ。
他に読みたいなと思ってたのは、アーカム計画とガニメデの優しい巨人だったのですよ。
両方、検索機で調べたら貸出可になってるけど、書棚になかったのですよ。
試しに職員の人に聞いたら、地下書庫に移されていたとのコト。

地下書庫て。

その妖しげな響きに気を引かれて、クトゥルフ漬けでいいやとアーカム計画を足して3冊借りましたとさ(笑)
一度に大量に借りても逆に読む気力を削ぎそうだったので、3冊までにしておこうとということで、ガニメデは次回。
次は、SF漬けになるかな……ガニメアン3部作の残り2冊と、『地球幼年期の終わり』辺りが読みたいところ。


・アーカム計画

そんなわけで、早速読み始めたのはアーカム計画。
原題は『STRANGE EONS』……≪怪異なる永劫≫くらいの意味ですな。
クトゥルフものの長編では、これが一番読みたかったのですよね。
自分はラヴクラフトしか読んでなくて、アーカム計画はダーレスより原典寄りだと聞いてたので。
まだ3分の1ぐらいしか読み進めてませんが、こりゃラヴクラ好きには面白いワ(笑)
話の中で何度も『ラヴクラフトの小説』に言及され、その内容が小説ではなく事実なのでは……と主人公とその友人が疑問を持ち調べ始めるのが、第一章の流れ。
各種のラヴクラ小説からの引用や、その場面の再現が話の中に散りばめられていて、原作知ってるとニヤニヤ。
でもたぶん、原作知らないと楽しみかなりダウン(笑)
現状、ある意味で同人小説っぽい面白みなんだけど、2章以降でどうなるかが楽しみ。
黒い人が早く出てこないものかしらんw


・俺の先祖は……

上記までの話とは全く関係なく、面白かったネタ紹介(笑)

ココ。

スレ主の家の仏壇の下から出てきた、古い和紙に書かれていたのは……。
ゾクゾク来ます。
衝撃の謎が解き明かされる瞬間を、あなたは目撃する!


・someday

コレ。

海外のPVっぽし。
短いPVながら、トリックの効いたストーリー作りでステキ。
自分がめっけた場所では、「叙述トリックの例」として紹介されたそうな。
オイシイw
オチの意味が分からなかった人は、牛乳と靴跡の意味を考えてもう一度見てみるべし。


さて、今日はこんなもんで終了w
余談ながら、リリカル電波がちょっと脳髄直撃しました(謎)
[PR]
by tenrensenka | 2006-06-27 21:57 | 日々。

<< アーカム計画。      マジカルメイド ロベルタにゃん☆ >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30