禁断の錬金術師。
ハガレン以降、妙に錬金術ネタが流行ってる感じがしますのー。
「魔法」「魔術」の呼び名を変えるために「錬金術」って単語を使ってる印象が強いですがw

まあ、何の前フリかというと、
f0103010_22345548.gif

これを思い出したからなのですが。





ジャンプで、矢吹健太朗氏が数週前から新連載始めたみたいですなー。
矢吹健太朗といえば、『るろうにビバップ』が代表作ですね。
あ、違った違った。


『るろうにビバップ白書 マキシマム』

だっけ。


まあ、そんな黒猫こと『BLACK CAT』の作者である矢吹健太朗氏。
新作は原作者つきのラブコメマンガで、『ToLOVEる』とかいうそうです。
黒猫連載中に、知り合いと黒猫について話してた時、
「矢吹健太朗はまぁ小奇麗な絵は描いてるし、少女キャラはウケいいみたいだから、原作者つきで学園モノでも描けばウケるかもなぁ」
なんて言ってたのですが、よもや数年後にピッタリあてはまる新連載が始まるとは予想してなかった。
ああ、一番重要項目は「話を考える人は別にいる」って部分ですヨ。
残念ながら、彼にはオリジナルのストーリーを作る才能は欠如してるようなので。

『ToLOVEる』は、先日ちょっとだけ読んだ程度であんまり知らないのですが、どーやら押しかけヒロインと元々気になってた女の子に挟まれてラブラブコメコメって感じの模様?
んで、所々にお色気シーンはさんだりで好評だとか。
まあ、ある意味で適材適所なのかも。


んでは、拾ってきたToLOVEる画像を貼ってみましょう。

f0103010_23105352.jpg


何このエロマンガ。


あまりの直球ぶりが逆に爽やかかもしらん。
何を狙ってるのかが分かりやす過ぎるという部分において。
ま、パンチラ(パンモロ)パワーで好調な売り上げを上げたらしい『いちご100%』を考えれば、商売的には正しい戦略だろうか。
実際、黒猫なんかよりもよっぽど好意的に受け取られてるみたいですね。
主にエロ描写で。

ま、そういう戦略においてはネギまのほうがノウハウもあって先陣を切ってるか。
ToLOVEるも、そういう路線で突っ切っていくのでしょう。
ジャンプの悪習としていつバトル路線に移るかわかりませんが(笑)
イヴ人気だけで打ち切りを免れた経験から、矢吹健太朗氏は自分の武器は理解してそうですけどね。
でも、腐女子向けマンガが主になってたジャンプにおいては、こういうマンガも必要なのかも。
男性読者をつなぎとめるために……w
自分は読む気ナシですが。


しっかし、デスノ終わってもうジャンプは何をやってるのかワカラン。
ブリーチとワンピースとコレと、他に何があるんだ?
パラパラと紙面をめくっても「これで連載できるんだねぇ」って感じの絵柄も多くて、読もうって気がわかないわかない。
黄金期と比べるのはキツいだろうけど、こうも「捨てマンガ」とでもいうか雑誌の中で読もうってマンガが少ないと雑誌自体の売り上げがドンドン落ちるのも納得。
反面、デスノに代表されるように人気作のコミックの売り上げは好調の模様。
マンガを読むスタイルが、変わってきたのかもしれませんね。
自分も、本誌はたまに立ち読みする程度で、デスノはコミックス派でしたし。


さて、今日は『るろうにビバップ白書マキシマム』『何このエロマンガ』の二言を言いたかっただけなので、ここらで終了(笑)
[PR]
by tenrensenka | 2006-06-30 23:51 | 日々。

<< デスノとヴァイオレット。      アーカム計画。 >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31