モー・ショボーが意外と可愛かった。
先日のお買い物。

・ヘルンシング8巻
・トライガン12巻

シアワセ。
しっかし、両作ともに最終局面といった様子で、別な意味で泣きそう。
そんな感じに、今日は日々日記。





◆超力兵団、第参話。

数日放置してた超力兵団を再開。
ちょこちょこやってく感じでプレイ中ですが、けっこー楽しんでます。
悪魔合体もちょろちょろやりつつ、軌道に乗ってきたかのぅという感じ。

そんな中、回復魔法が使える仲魔が低レベルのしかいなかったので、敵で出たときに回復役してて鬱陶しかったモー・ショボーをつかまえてみる。
うん、かわえぇ。
羽はえててぷかぷか浮いてるくせに、移動すると足をぶらぶらさせて空中を歩いてるような感じで、なんともぷりちー。
けっこう強いし回復してくれるし、こいつぁいいやーと思って戦わせてると、火が弱点でボコられてやんの。
でもザコ戦闘中の召喚しなおしが面倒でそのまま力で押し切る人。

ストーリーのほうは、『ヒルコ』って単語が出てきてちょっとテンションアップ。
なんか妙に好きなんですよね、ヒルコ。
いや、ヒルコの話を初めて読んだ本に、
「イザナギとイザナミは、最初に生まれた子は骨が無い子供だったので、これは自分達が望んだ子ではないと海に流した」
とか書いてあって、その場面を想像して爆笑してしまったからなのですが。
「ちょ、この子骨がナスwwwwwww うは、流しちゃえwwwwwwwww」
とでも言ってそうで(いや、あれ読んだ時はまだVIPも無かったがw)、「ちょ、神さま何やってんのwwwwww」と思ってしまった、なんとも思い出深い神様なのですよ、ヒルコ(笑)

んー、大正時代+ヒルコで、今回は日本神話が主軸なんかなー。

ああ、しっかし、ラスプーチンは出てきたとき「オマエだったのかよ!」とツッコミを入れざるを得なかった。
おい悪役、なんでそんな喋り方なんだよw
「ユーはミーがコテンパンにしてやるネー」みたいなノリのラスプーチン。
うん、確かに『怪』僧だけどもw


◆ヘルシング

ヘルシングは、しばらくお休みしてた(頑張ってロンドン目指してた)アーカードがロンドン到着とともにおおはしゃぎ。
圧倒的過ぎて、むしろアーカードがラスボスな勢いだよなぁ、あれw

しっかし、やっぱ伯爵だったのか。
『ヘルシング』という家名と『アーカード』って名前でそうかもとは思ってたけど、直球では来ないかなーとも思ってたので、なんか逆に意外というか。
いや、自分の伯爵のイメージって、「わし、都会行きたいねん」と言ってイロイロ小細工して念願の都会進出を果たすも、気分がはっちゃけてやんちゃしたら手痛い反撃を受け、「やっぱわし、田舎に帰るぅ!」とばかりに逃げ帰るもおうちを目前につかまって滅ぼされちゃう、そんなダメっ子な感じが(マテ

んで、物語はアンデルセンとのバトルに突入していくわけですが……。
1巻や2巻のシーンの再現が時折はさまれて、いよいよ最終局面なのだなーといった感じで感無量。
残る実力者は、アンデルセン、ウォルター、そしてヴェアヴォルフのハンス大尉か。
あ、すっかり忘れてるけどシュレディンガー准尉もいたなぁw
少佐がどういった最期を見せるのか、最後まで見守ろうと思います。

んで、最後に、表紙カバーをめくってみる。
少佐とドクがセイバーの取り合いしてた。


◆トライガン

トライガンもいよいよクライマックス……といった感じが強くなってきました。
10巻のウルフウッドの話で一度ピークに達した後、11巻は「弾込め」のような印象の話だったのが、12巻で再び走り始めたというか。
何より、もうヴァッシュがヤヴァイ。
いろいろ限界くさく、それでも同じ生き方を貫いていくヴァッシュを見てると、泣きそう。
疲弊しきったヒーローは、それでもなお、人々を守るために踏ん張るのですよ……。
こうなると、戦いが終わった後、穏やかに微笑みながら息を引き取りそうで涙腺が。

ヴァッシュの格好よさっていうのは、苦しみや悲しみを数多背負いつつも、絶望することなく真っ直ぐに信念を貫いていくところにあるんだろうなぁ。
内に秘める苦悩や悲しみ、読者にはそれがまた痛いほどわかるのですよねぇ。
それでも膝を折らない、そんな彼の戦いも、もうじき終局を迎えるでしょう。
ヘルシング以上に、トライガンのラストは「見守る」形になりそうです。

んで、最後に。表紙カバーをぺらり。
ヴァッシュがブラックジャックになってた。


では、今日はこの辺で(笑)
[PR]
by tenrensenka | 2006-07-28 23:03 | 日々。

<< ニンゲンとターミネーター。      GUN BLAZE WEST >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30