ニンゲンとターミネーター。
『UFO』は「ユーフォー」と発音する場合が多いけど、『UMA』のほうは「ユーエムエー」って発音することが多いですね。
クリーチャー大好き人間の私は、UMAもけっこう好きだったりします。
一番オイシイのはチュパカブラかな。……主にネタとしてw

今日はそんな感じの拾いネタとか。





◆NINGEN in the Antarctic Ocean?

なんか好みのものをめっけたんで、ぺたり。

コレ。

なんかよくわからん、人型とも見れる物体が動いてる、ほんの数秒の動画です。
海の中……それもけっこうな深海なんかな?
まあ、本物だと仮定して……の話ですが(笑)
何であろうと、動画の持つ雰囲気がクリーチャー好きの琴線に触れてしまったので、軽く調べてみる。

2chのスレ

大元は、このスレに貼られた1の書き込みだそうで、この人型物体は『ニンゲン』や『ヒトガタ』と呼ばれているらしいです。
南極の海に現れる、全長数十メートルの謎の人型物体。
うーん、ステキ。
ま、世の常ながら、基本的にはガセというかネタだろうということで決着はついてるようです(笑)

ま、そんな都市伝説だとしても、作り話だとしても、個人的に好みなのは変わりませんw
上記の動画も、本物なら言うまでも無いし、作り物だとしてもなかなかいい雰囲気を持ってるのでグッジョブ。
深海はまだまだ人の目が届いて無い場所が多いので、なんか面白い生物がいるかもしれませんし、ロマーンがあっていいです。

そういや、深海といえば、深海に巨大ザメ(?)なんてニュースがあった模様。
体長24メートルって、小学校とかのプールにようやくおさまるようなサイズですか。
ステキすぎます。深海ヤヴァイw
ま、上のニンゲン(ヒトガタ)ネタの動画もここ読んでてみっけたんですがねw

うーん、やっぱ海洋生物はノーマル状態でクリーチャーっぽくてオイシイなぁ。


◆超力兵団、第4話。

恒例の、超力兵団途中経過。
前回のモー・ショボーに続いて、新たな女性型悪魔のネコマタが合体により仲魔に。
「○○でありんす」とかって喋り方がなにげに好きだ。
あー、これは前に読んだ『狼と香辛料』のホロを思い出すからだろうなぁ。
あれも続きが出てるんだっけな、1巻けっこう好きだったし続きも読むかなぁ。

・今日のラスプーチン

ターミネーターかよ。

いろいろ盛大に間違った感が、もう大好きです。
本作は2~3時間プレイで1話が終わるので、区切りもよくのんびーり進めていけそう。
全13話らしいから、3分の1終わったぐらいか。
そーいや、ウワサのアリスは何話で出てくるのだろう。
[PR]
by tenrensenka | 2006-07-30 21:43 | 日々。

<< 真田さんちの幸村くん。      モー・ショボーが意外と可愛かった。 >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31