日曜を寝て過ごしてしまった人の日記。
こんばんわー、宣告どおりに1週間ぶりとなってしまいました、ごきげんよう。
細々しぶとく、運営していこうと思います。
先週のVみたく、時々猛烈に書きたくなるネタもあるので……。

で。

今週は、てきとー日記です(笑)





さて、最近はちょいと忙しく、日曜しか休みの無い生活を送っております、はい。
まあ、楽しいのでそれでもOKなのですが、まぁ疲れは溜まってたようでして。

昨夜は、2時ごろに既に眠かったにもかかわらず、買ってきたDVD(コレに関しては多分次回、ヲタ全開の記事になるかと)を見てから寝たので、午前4時ぐらいの睡眠となりました。
そっから熟睡、のんびり寝れるってスバラシーとか思って惰眠を貪り、目が覚めたのは13時。
起きてからは、カレーで昼食を済ませて、昨日買ってきた絶望先生5巻を読んで、再びごーろごーろ。

気がついたらまた寝てた。

うん、そして目覚めたのが18時ごろ。
体力は回復したろうけど、なんもしてねぇ……w
プラス、寝すぎると夜が寝れない人なので、明日がキツそうです。


ま、そんな話はオイトイテ、適当に項目作ってダベりませうか。


◆絶望先生

知らん間に出てたので、5巻買ってきました。
どんどん木津さんが黒くなっていくなぁ……w
最近は、
1.何かひとつ話題が投じられる
2.先生が社会に絶望して騒ぐ
3.可符香がやたらポジティブに受け止めてかき混ぜる
4.木津さんが暴走してオチ
って流れが、テンプレになってる感じか。
意外と、毒抜けの木津さんは好きかも知らん(笑)

話を回しやすいのだろうか、先生・木津さん・可符香・日塔さんの4人で毎話を進める中、他のキャラがそこそこ絡む感じで、構成されてますね。
個人的に好きな小森さんは、ほっとんど出てこなくてショボン。
まぁ、学校の1室占拠して引きこもってるなんてキャラ、使いにくいのだろうなぁ……w
他のキャラは、テキトーに集めて行動させられるけど、ねぇ……w

今回の話で一番風刺が利いてて面白かったのは、暗号化社会の話ですね。
確かに、何かの契約に関する説明書きって、異様に分かりにくい。
携帯電話やプロバイダの料金に関するパンフは身近な例ですね。
ドーンとでっかく「1980円!」とか書かれてるけど、各種料金を加味すると結局幾らやねんとよく思います……w
意外と、「消費者に必要な要点を分かりやすく」書いた説明があると、ウケはいいかも。
ま、煙に巻いたほうが販売側には都合が良いのでしょうが……w


◆ローゼンメイデン

こっちも、久々に本屋に行くと7巻があったので即購入。
てか、発売日を2ヶ月前には見てたはずなのに、ワスレテタ。

何はともあれ、表紙が水銀燈というのがマーヴェラス。
もう、これだけでスタンディングオベーション。
本屋に平積みされてる光景はもはや満漢全席。
人類の文化の一つの到達点といっても過言ではない(病気

とか言いつつ、まだ読んで無いのですが。
電車の中で読むのは気が引けて絶望先生を読んでて、読みかけのを先に消化したがゆえなのですがね……w
買ったトコにはまだローゼン7巻の限定版もあったのですが、約3000円で本+真紅のフィギュア。
一瞬悩みつつも、「3000円払うなら水銀燈に払うわぃ」という病気脳の働きにより、通常版と相成りましたとさ(笑)

フィギュアやソフビの玩具はけっこー好きなんですけどねぇ。
ちなみに、手持ちで一番大きいその手の玩具は、ガメラのソフビ。
レギオンも欲しい今日この頃。


◆ニュースーパーマリオ

DS版のマリオ、やってみたいな~と思いつつずっと後回しにしてたのですが、我が母上が「DSのマリオやってみたいワ」と仰せになったので、買ってまいりました。
母上、初チャレンジ。最初のクリボーに玉砕。
頑張れ母上、まずは1-1をクリアが目標だ……!w

てわけで自分もチョコチョコやってみたのですが、やっぱ面白い。
3Dで表現しつつも、スタイルは完全に横スクロールの元祖マリオ。
アクションが豊富だから、スーファミ版くらいの印象ですね。
ステージ自体はけっこーヌルくないのが、意外といえば意外。
まぁ、思えばマリオってそれなりに腕を要求したっけ、昔から。
任天堂のゲームから離れてる間に、「子供向け=ヌルゲー」と勝手に思い込んでたのかも。
「わかりやすいけどヌルくはない」ってスタイルは、なかなか好感触。
てーか、単に自分が「落ちたらそれまでよ」なステージがやたら苦手だってのもあるのですが……w
ちゃんと地面があるステージばんざい!

んで、DSマリオといえば、個人的な目玉はやっぱデカマリオ。
デカキノコ取るとうにゅーっと巨大化。
すげぇ。
何がすげぇって、土管もブロックも敵も、全て粉砕。
初めて動画か何かで見たときも爆笑したけど、自分でやるとやっぱ大笑い。
楽しすぎるぜ、任天堂!

しっかし、細かな部分での「ファミコン版へのオマージュ」が旧世代を喜ばせてくれる辺り、任天堂は上手い。
ステージのゴールが旗で、高さで点数が変わるとか。
一定条件を満たしてゴールすると、初代マリオでゴールした時の音楽が鳴って花火が上がるとか。
懐かしさと新しさが混在し、それがうまく溶け合っている……さすがは旧王者、ゲーム作りの上手さには貫禄があるなぁ。
ステージの作りこみもハンパない感じなので、長く楽しめそうです。

スクエニも、こーいう任天堂の「上手さ」から学んでゲーム作ってほしいなぁ。
映像もいいけど、久々に凝ったジョブシステムを復活させて欲しいところ。
ナンバリングしたFFシリーズが今更地味な作品には戻せないなら、外伝ってことで携帯機でチビキャラにジョブシステムの、5の進化系辺りとか出したらウケそうなんだけどねー。
FF3のDS版もけっこー評判いいみたいだし、そんな路線も良さそう。
あと、正道のシリーズも、気合入れて12の失態を取り戻してくれ。


んでは、今日はこの辺で。
あでゅー(=゚ω゚)ノ
[PR]
by tenrensenka | 2006-10-01 21:33 | 日々。

<< リリカルエース。      Vフォー・ヴェンデッタ。 >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30