PS2、結局買い換えました。
こんばんわ、なんかここ最近、毎週日曜は「ぐっすり眠れるって素晴らしい」とか思ってるダメ人間です、ごきげんよう。
満足いくまで眠って、のんびり過ごして、今日も体力回復ッス。
3連休? ナニソレオイシイノ?
来週の土曜はのんびりできると……イイナァヽ(´ー`)ノ

てことで、今日もフツーの日記です。





◆PS2

そうそう、表題どーり、PS2は結局買い換えました。
新品本体(白)、税込み15700円なり。
ま、そんな毎日使うってワケじゃないにしても、何かプレイしたいな~ってなった時にいつでもできるように、ということで。
立てようが裏返そうがダメだった彼は、6年の任を解いて引退させました。
よく頑張ってくれたので、邪魔になるまではどっかにしまっておこう。

しかし、薄型PS2、小さすぎてワロタ。
前まで使ってたのが初期出荷分だったので、改良一切ナシのヤツから最新に乗り換えたら、ギャップ大きすぎでつね。
本体の高さはDVDケースを2個重ねた程度しかないんですねぇ。
軽いし場所取らないし、PSPより安いし、買い替えは正解だったかな。
1年2年で故障したらちゃぶ台探してきてひっくり返すけど(笑)

ただ、PS2をこのサイズにまとめるだけの技術があっても、PS3はバカみたいなサイズになっちゃうんですねぇ。
まー、中身が違うんだから単純比較はできないとはいえ、ちょいとそんなことを思いました。
やっぱ、日本製品の王道はコンパクト高性能だよな~とか勝手なことを思いつつ。
とりあえず、好きなときにPS2のゲームも進められるようになったので、ペル3再開しましたとさ。


◆ペル3

フリーズしなくなったので、ペル3も順調に進み始めました。
5月の満月を突破して、今は中間テスト直前って辺り。まだまだ序盤ですね。
しかし懐かしい響きだ、中間テスト(笑)

システムや舞台設定などが大きく様変わりしたペル3ですが、なかなか楽しんでます。
話も、高校生が主役の異能者バトルものって感じで、好きな類ですしね。
特に冒頭、主人公が事件に巻き込まれる辺りは王道でしたね。
今はしっかりと、ペルソナレンジャー(違)の一員やっとります。

4月に始まり5月に突入したゲーム本編ですが、肝心の美鶴さんが仲間として使えるようになるのは6月だとか。
頑張って先に進んで、生徒会長パワーを堪能したいところ。
そう、生徒会長といえば、イベントで生徒会に入るくだりがあって「うは、これで美鶴さんのイベントあるんじゃねwwwww」とか喜んでたら、風紀委員長・男とのイベントが発生するコミュでしたとさ。
ファッキン。
まぁ、キャラ的に案外嫌いじゃないからいいけど……w

ペル3、日常パートではいろんな人と話してコミュニティに参加していくって要素があるのですよね。
生徒会だとか、クラブ活動だとか、クラスメイトだとか。
まぁ、実際にはそのコミュニティの中のひとりと仲良くなっていく感じなのですが。
ギャルゲーかよっていわれる所以ですね。
ま、それを「コミュ」といって、付き合いが深くなるとコミュランクが上がり、ペルソナ生成にボーナスがつくようになる。
自分はボーナス云々よりもサブイベントとして面白いので、ちょこちょこ駆け回ってます。

んで、美鶴さんが生徒会長なのだから「生徒会コミュ」は当然のように美鶴さんとのサブイベントだろうと思ってたわけで。
仕方ないので、軽く攻略サイトを覗いてみて、美鶴さんのコミュ入手方法を調べてみる。
11月末から入手可能だった。
遠いなぁ(´・ω・`)
しゃーないから、同じ生徒会の後輩の眼鏡っ子にでもちょっかい出してるか(ぁ
うん、どう見ても半分ぐらいはギャルゲー感覚で楽しんでますね。
ま、ペル1もマンガ版のエリーが気に入ってやり始めたぐらいだし、今も昔もあんまり変わらんか……w


◆功名が辻

先週もちらっと触れた功名が辻。
今週はいよいよ、天下分け目の「関が原の戦い」でした。
なんてか、NHK、気合入れすぎです。
戦国時代の話ゆえに今までも合戦の回はけっこうあったけど、今回は投入してるコストが段違いなのがよく分かる。
なにせ、数百人規模の人員に鎧着せて槍持たせてぶつからせてるんだもんなぁ。
映画クラスの力を注がれただけあって、合戦シーンはなかなか見応えがあってマルでした。
騎馬隊突貫に燃え。
「見せ方」がまだまだ型どおりって印象はあったものの、見ていて面白かったので充分でしょう。

物語は、石田三成が敗れたことで徳川の世へと移行していく辺りですね。
しかし、徳川も意外と辛勝だったのですねぇ。
ドラマ形式になることで、歴史の教科書には無い部分を補完できるのが、大河ドラマの良いところかな。
この『功名が辻』も残すところあと10回も無い感じなんかなー。
残りも、楽しませてもらおうっと。

大河ドラマ、見てみると面白いもんですね。
見る年と見ない年とあるのですが、今年はすこぶる楽しんで見てます。
ま、見てた年のほうが少ないのですが。
平成4年の、緒方直人の『信長』辺りが、見始めた頃の初期だったかな。
あれで信長好きになった辺り、ミーハーだな……w
その後覚えてるのは、西田敏行の『吉宗』と竹中直人の『秀吉』、そいで近年は香取信吾の『新撰組』か。
他は、題材の人物に興味が持てずに見てなかったような……数えるほどしか見てないなぁw
歴史モノに興味を持ち始めたのが近年になってからだしなぁ。勿体無いことをした。

ちなみに、来年は武田信玄の配下の軍師、「山本勘助」が主役だそうです。
偉人の傍らについた人の視点で歴史を見つめるってスタイルですね、来年も。
ただ、来年の大河ドラマで一番気になることといえば、上杉謙信を演じるのがGacktだってことだろう……w
どんな謙信になるか、非常に興味深い(笑)



さて、今日はこの辺で。
次回更新までに、美鶴さんをメンバーに入れていたいなぁヽ(´ー`)ノ
[PR]
by tenrensenka | 2006-11-05 22:27 | 日々。

<< みなみのデトロイト。      ネットでみつけた鬼才と、邦画界... >>

テンコとかうぇーいとか言われてる人です。基本的にオタ日記。ブログ内で何か問題があったら、コメントでご連絡ください、すぐ修正しますので。
by tenrensenka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31